宿題チェックの変更

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

10月15日の本部研究会以降、宿題チェックの仕方が変わりました。

従来は、間違った箇所に×をつけたり、ミス1やミス2と赤ペンで書き入れていただけでしたが、現在は「ウザワの英文法」(ウザワオリジナルの英文法書)の何ページの何番を見る、と細かく書き入れるようになりました。生徒自身が、文法の本の該当ページをよく読んで、自分の力で間違いを直すようにするためです。

どんな問題でもそうですが、自分自身の脳の中に、その問題を解く回路をつなぐことができなければ、真の問題解決能力は身に付きません。

チェックする側の負担は増えますが、これも生徒の成長のためです。

というわけで、宿題提出が間に合わなくて、当日その場で提出されたものは、その場では返却できませんので、生徒諸君には、事前提出の徹底をお願いします。

 

 

Leave a Reply