間違いの直し方

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

授業の中で、宿題あるいはその場で解いた問題の直しをしていますが、ここ最近気になっていることがあります。

学年、公立私立を問わず、ほぼ全員の生徒が、間違った問題をそのままにして、その上や下、あるいは横に正しい答えを書きます。

これって、どうなんでしょうかね~?

自分が最初に考えた答えは、インパクトが強く、いつまでも記憶に残ってしまうので、その間違いがずっと残っていたら、訂正が効きにくいと思います。なにより、見た目が汚いです。

当教室では、間違いは、跡形を残さないように、きれいに消しゴムで消し、正しい答えを書いてもらっています。直しをした後で、テストをやるので、きれいに訂正していたほうが、覚えやすいと思うのですが、、、

 

 

 

Leave a Reply