第1回英検二次A日程結果&本部研究会

7月 11th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

2018年度第1回英検二次A日程の試験結果がでました。

この日程で受検した生徒2名は、どちらも合格でした!

準1級 高3 1名

3級  中3 1名

おめでとうございます。

これで、当教室の準1級合格者は、3年連続となりました!!!!

一昨年合格した中2(受検時)は小4入会、去年と今回合格した高3(受検時)は、二人とも中1入会ですから、全員入会後5年ちょっとで合格できました。

ウザワシステムがいかに効率の良い学習法であるか証明できたのではないかと思います。

高3の生徒も、中3の生徒も、これで安心して、それぞれの希望する大学・高校入試に全身全霊で取り組むことができます。よかったです。

B日程の結果は、17日発表です。こちらも楽しみです。

さて、7月9日(月)本部研究会へ出席してきました。

今回の収穫は3つ。

(1)小学校低学年の読み指導の際、カナを読ませない程度のリズムの良い、ある一定のスピードを保った読みをやること。一斉訳・暗記が終わった部分まで、毎回最初のページからの読みを入れること。(これはすでに当教室でも取り入れています)

(2)時には挫折を経験させることも大切である。自ら学ぼうとする気持ちをもっとも強く持たせることができる。

(3)黙読は、短期記憶にしかならないが、音読は、長期記憶になる。あらゆる文法問題は、直しが終わり、テストの前に必ず音読させる。(これも当教室ではずいぶん前からやっています)

どうしても、声を出さずに暗記する生徒が若干一名いますので、(3)は脳科学者が言っていたということも添えて、しつこく指導していこうと思います。

成長を続ける生徒たち

7月 4th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

今年度から、小6以上の生徒を対象に、隔週で英字新聞(JAPAN TIMES)の記事を使ったライティング指導を始めています。

先週、小6には「ハローキティー新幹線のお披露目」、中1&中2には「成人年齢の18歳への引き下げ法案が可決」という記事を使いました。

小6の一人の生徒は、「I don’t like Hello Kitty. Of course, Hello Kitty is popular character of Sanrio Co., but Hello Kitty is not special for all people.」と、しっかり自分自身の意見を書いていました。

中1の生徒二人は、成人年齢の18歳への引き下げには反対の意見を書いていました。

一人の中1の生徒は次のように書いていました。

「I don’t think the Diet should OKs law lowering age of adulthood to eighteen. Because the people of eighteen years old have college entrance exams. The annual coming-of-age-ceremony is as important as college entrance exams. But the annual coming-of-age-ceremony is held in January and college entrance  exams is also given in January.It means they are very busy in January. I think many people want to take part in the annual tradition. So I don’t think the Diet should OKs law lowering age of adulthood to eighteen.」

どんどん成長していく生徒たちのために、現在隔週のライティング指導を、毎週できるよう私も準備していきます。

 

 

 

絶賛英検2次対策中

6月 27th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

先週発表になった英検1次合格発表の結果を受けて、ただいま絶賛2次対策中です。

もっとも、合格発表の前から対策を始めている生徒が多いので、かなりの手ごたえを感じています。

3級を受検する中3生ですが、1回目の対策では、初見の英文もスラスラ読め、イラスト問題も口頭試問も問題なくできたので、当初予定していた週2回の対策は必要ないと判断し、週1回にしました。

ところが、第2回目の対策では、まず英文の読みがたどたどしい、イラスト問題も要領を得ないとまったくいいところなしでした。

「かけ流し」をやっているのか問いただしたところ、案の定、やっていませんでした。

こんなにもはっきり違いが現れるとは、驚くばかりでした!

英検合格のために「かけ流し」をやるわけではありませんが、やらなければ、合格が遠のくことは明らかです。

本気で合格したい生徒は、しっかり「かけ流し」を続けてください!!!

 

2018年度第1回英検1次結果

6月 20th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

2018年度第1回英検1次の結果が出ました。

準1級 高3 1名

準2級 中3 1名

3級  中2 1名、中3 1名

4級  小4 1名、小6 1名

5級  小4 2名、小6 1名

前回わずか2点で涙をのんだ高3の生徒は、リヴェンジを果たしてくれました!

3級以上の合格者は、7月の2次試験までしっかり対策をして、完全合格できるように頑張りましょう!!

今回不合格だった生徒の原因は「かけ流し」不足以外にはありません!

次回10月には、必ず合格できるよう、今から心を入れ替えて「かけ流し」をやってください。

本部研究会

6月 12th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

11日(月)本部研究会(@幡ヶ谷)に出席してきました。

今回の研究会の収穫は、過去の本部の最難関大学に合格した生徒さんたちが、どこまで教材を進めていたか、具体的に聞けたことです。

実践問題集なら2回繰り返す。

CompoならIIIまで。

大学受験プリントなら200番まで。

トップの県立進学校に進んだ生徒が二人いますが、学校の授業と部活で、最近こちらの進みが停滞気味なので、喝を入れたいと思います。

志望校の過去問だけをやるのは、効率が悪いということも教えていただきました。

良問も悪問も、あえて混ぜて様々なタイプの問題にあたり、頭を柔らかくしておくことも重要とのことでした。

鵜沢先生のお話を伺う度に、その情熱に圧倒されます。

私は本当にまだまだ未熟だなあと毎回打ちのめされますが、とことんついていきます!

 

ちょっと嬉しいこと 二つ

6月 6th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

ちょっと嬉しいことが二つありました。

一つは、今年3月に復帰した小4の生徒が、国語にも復帰してくれたこと。

その理由が、現在中高一貫校に通っている彼のお兄ちゃんが、小学生時代国語を受講していて、中学校で初めて習う古文・漢文でも、当教室での暗記が役に立っている、と彼に話してくれたことだったからです。

当教室の国語では、小学1年生から古文・漢文をしっかり暗記しますから、どんなに時間がたっても、中学生になって一から学ぶより断然楽です!

二つ目は、日曜日に体験に来た生徒さんに、当教室を知ったきっかけをお尋ねしたところ、「以前通っていた英語教室が閉鎖になり、そこの先生が石岡市内の英語教室の一覧表を渡されて、ウザワ石岡教室が一番お勧めですと、勧められました。」というお答えでした。

そのお教室の先生とは、面識がないので、なぜ推薦していただけたか謎ですが、同業者の方にも認めていただけたような気がして、大変誇らしく思いました。

 

本部セミナーに参加しました。

5月 30th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

5月27日(日)、年に一度のウザワ本部セミナーに出席してきました。

宮城県、福島県から新しい先生方が参加されていました。

今回は、小学生を対象とした「アウトプット」の新しい指導法がメインでした。

翌日の授業見学で、その新しいテキストを実際に使っている生徒さんの様子も見れて、当教室でも早く導入したいと思いました!

セミナーでは、全国各地からいらした先生方のお話も伺え、私もますます頑張ろう!と刺激をいただきました。

その後の食事会、二次会も楽しく、有意義な二日間でした。

 

絶大な「かけ流し」効果

5月 24th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

新中1、新高1をはじめ、中高生は定期テストの真っ只中です。

すでに100点を取り幸先の良いスタートが切れた生徒もいます。

小学生は、6月の第一回英検に向けて、4級&5級の過去問に取り組んでいます。

3月に入会したばかりの小4のRちゃんは、当初5級のみを受ける予定でしたが、授業をしている中で、4級もいけるのではないかと思い、4級の過去問をやってもらいました。なかなか好感触だったので、申し込み締め切り日までに合格ラインを超えたら、ダブル受検することにし、毎週過去問を解いてきました。申し込み締切日前日には、7割以上取れるようになったので、ダブル受検に変更しました。

それから毎週毎週過去問を解くごとにドンドン正答率が上がります。長文は、ほぼパーフェクト、リスニングは30問中27問正解と90%まで達しました。過去問スタート時は5割程度の正答率でしたので、ものすごい伸びです!

きっと、「かけ流し」がうまくいっているのだと思います。

ウザワ入会直後でも、このように確実に成果が出ますので、現時点で伸び悩んでいる生徒さん方は、今一度自分自身の「かけ流し」を見直し、しっかりやってください。

3級、準2級、準1級に挑戦する中高生も同じです!

一分間スピーチ(小学生国語)の効果

5月 16th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

4月以降隔週で中高生クラスでは、英字新聞(JAPAN TIMES) の記事を使ったライティングを始めました。

英検3級からライティングが導入されたこと、2020年以降大学入試が大きく変わることへの対策という面もありますが、それ以上に世の中で今起きていることに関心を持ってほしいという思いもあります。

初めての試みということで、どの生徒も(英検準1級受検経験者以外は)とまどっていて、ほとんど記事の引用で終わっていました。

その中で、一人中1の生徒だけは、しっかりと自分独自の意見を書いていました。

もちろん、スペルミスや文法の間違いは多々ありましたが、それでも彼女が何を言いたいかは伝わりました。

その生徒は、小5での入会と同時に国語も受講していました。

国語の授業時間は30分と短いのですが、「一分間スピーチ」をカリキュラムとして入れています。与えられたテーマについて15秒で自分の考えをまとめ、45秒で発表します。必ず自分の意見を先に述べ、その理由を最低2つ提示します。

この訓練を繰り返しやっていたことが、彼女が初めての試みにもかかわらず、臆せず自分の考えを書けたのではないかと思います。

 

「音」以外に英語習得の道なし!

5月 9th, 2018

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

長らく放置していましたが、今月から毎週真面目に更新します。

GWも終わり、小・中・高とも、いよいよ本格的に学校が動き始めます。生徒さんの気持ち的には、むしろこれからが新学年スタートかもしれませんね。当教室も、パワー全開で授業しますよ~。

先週火曜日の授業でCD教材の指導をしていた時のことです。

大変よくできる生徒で、かけ流しもよくやっていましたが、その日に限って「読み」がどうにもいけません。多分、ウザワ式で指導していない方が聞いたら、「中1でこれだけ読めたら、素晴らしい!」と評価されるであろう「読み」でした。

ですが、その「読み」では、英文の意味が取れないと判断した私は、何度もその部分を聞いてくるように指示しました。

何度聞いても意味が取れるレヴェルの「読み」にはならなかったのですが、生徒本人が納得していなかったようなので、「無理だと思うけど、訳やってみようか。」と言って、やらせてみました。結果は、予想通りで、一行も意味が取れません。

そして、昨日、同じ部分を読ませてみると、先週とは全然違う大変よい「読み」でした。「こういう読みができるなら、大丈夫!さあ、やってみましょう。」と訳を始めると、

The months that followed were filled with excitement and activity for everyone but Jo.

という英文を生徒一人でしっかりと訳ができたのです!

私は何も教えていません。それなのに、生徒がよい「読み」ができれば、教わらなくても、正確に意味が取れるのです!さらにそのあとの暗記も大変よくできました。

本当に不思議です!

周りにいる生徒たちにも聞こえるように「不思議だと思わない?先週は、全然できなかったのに、今日は教わらなくても一人でできるんだよ!やっぱり音なのよね~。英語ができるようになるには、音しかないのよ!そのためには正しいかけ流しが不可欠なんだなあ。」と繰り返しつぶやきました。

もし私が、ウザワ式の英語習得法にめぐり合っていなかったら、こういう体験は永遠にできなかっただろうと思います。

これからも、このような体験を生徒自身にどんどんしてもらって、正しい「かけ流し」を自らやる生徒を増やしていきたいものです。