中高生の授業・大改革

4月 26th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

ウザワ英語の代名詞だった「足し算訳」から「3Rの訳」に変わって以降、ますます‘音’の重要性が増しました。

「かけ流し」をしていなければ、できないことは当然ですが、さらに「訳」をやる部分が、きちんと読めていなければ正しく出来ません。

しかも、ただ「正確に」読めているだけでも、ダメなのです!

CD通りのイントネーション、文章の中の切れ目、強弱が再現できなければ、無理なのです!

毎月の研究会で、鵜沢先生ご自身が試みられている方法を教えていただけるので、その方法を、当教室でも試しています。

すると、これまで私自身が見過ごしていた多くの事に気づかされました。

今では、一切妥協することなく、生徒自身が「正確に」読めるようになるまで、徹底的にダメ出しを続けています。

その結果、自力での暗記が難しかった生徒たちが、次々と暗記できるようになっています。

中1の5月に入会して、現在高3の生徒には「これまでのやり方とは、違って申し訳ないけれど、この方法以外、あなたが成長する鍵はないから、私と鵜沢先生を信じて、ついて来て!あなたが、ここを卒業する前に、間に合ってよかったと思っているから。」と伝えました。

彼女は、少々不服そうな表情でしたが、私の勢いに押されたのか、「頑張ってみる」と言ってくれました。

ウザワ英語も、究極の指導法にたどり着いたようです。

まだまだ、戦わなければならない生徒は、たくさんいますが、一人一人としっかり戦い抜いて、究極の英語力を身に着けさせてみせます!!!!!

 

情報の80%は目から!

4月 12th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

10日(月)、本部研究会に出席しました。

今回の収穫は、生徒が間違った問題への対応の仕方でした。

鵜沢先生のお話によると、「昨今、学校はじめ、ほとんどの学習塾で、生徒が問題を解いた後、間違った解答をそのまま残させ、正答をその近くに書かせる方式が主流になっている。しかし、人間の脳は、目から受け取る情報が、全情報の80%を占めるようにできている。自分が最初にこうだと思ったものは、一番インパクトが強い。それを残したままでは、正しい情報を取り入れられなくなる。しかも、その情報が、ごちゃごちゃして、すぐに見て理解できないものは、正しく取り入れられるはずがない。そこで、本部では、間違ったものは、跡形もなくきれいに消してしまい、正しい解答を書かせている。CompoやCD教材の訳も、きれいに清書させている。」とのことでした。

当教室では、これまで、文法の間違った問題を、きれいに消させて訂正はさせていましたが、清書まではさせていませんでした。もちろん、訳の直しも、清書まではさせていません。正しい訳が、美しく書かれていたら、暗記もしやすいでしょう。訳の内容の再確認にもなりそうです。

学校で教わった訂正の仕方と異なるので、抵抗を示す生徒も結構いると思いますが、脳の仕組みに従ってやらないと、意味がないということも併せて、教えていこうと思います。

 

第12回小学生発表会

3月 29th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

3月26日(日)、無事に第12回小学生発表会が終わりました。

3月末とは思えないほど寒く、天気も悪い中、生徒全員参加してもらい、保護者の方々に見守られながら、熱気あふれる発表会になりました。

今回、初の試みとして、生徒たちによる投票をやりました。

各演目の中から個人賞を、全体の演目の中から団体賞を、生徒自身に選んでもらいました。

劇練習に入る前に、「今回から投票によって、個人賞と団体賞を決め、表彰する」と告げたら、どの学年も、これまでになく劇練習に熱が入っていました。

特に、長く通ってくれているにもかかわらず、いつも台詞の暗記があまりできていなかった生徒は、初回の劇練習の時点で、ほぼ自分のセリフを暗記してきていて、驚きました!!!

その生徒が言うには「私のせいで、団体賞が取れなかったら、悪いから、、、」とのこと。

ちょっとの工夫で、生徒ってこんなに変わるものなのですね。

もちろん、自発的にやる気になってくれることがベストでしょうが、やる気にさせる工夫も必要だなあと、感じました。

秋の発表会でも、これら各賞への投票と表彰は続けますので、今回取れなかった生徒さん達は、通常授業の段階から、しっかり暗記できるよう頑張りましょう!

 

県立高校合格発表&HPに「お客様の声」を追加

3月 15th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

13日(月)は、茨城県立高校の合格発表の日でした。

今年は、高校受験生は一人しかいませんが、その一人が、見事に県立トップ校の土浦第一高等学校に合格しました!!おめでとうございます!

この生徒は、私立校二校にも、特待生として合格していましたが、第一志望は土浦第一高校だったので、本当に良かったです。

ウザワ英語が本当の強みを発揮するのは、高校入学後です。しっかりやっていきましょう!

***********************************

当教室のホームページ(http://uzawa-ishioka.com)に、新しく「お客様の声」のコーナーを設けました。

在校生、卒業生、保護者の方からお寄せいただいた声です。

ぜひお読みください。

 

 

2017年度スタート&2016年度英検最終結果

3月 1st, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

今日(3月1日)から、全コース、2017年度の授業を開始いたします。2016年度は、英検で、過去最高の結果を収めることができました。2017年度は、さらなる高みを目指して、日々精進していきます!生徒のみなさん、しっかりついてきてくださいね!!

その英検ですが、二次試験を受けた生徒は、準1級に挑戦した中2を筆頭に全員合格していました!

2016年度第3回英検 最終結果

準1級 中2 1名(教室新記録!)

2級  高1 1名

準2級 中2 1名

3級  小5 2名、小6 1名、中1 1名

4級  小5 1名、小6 1名

5級  小4 2名、小5 1名

本当におめでとうございます。

ですが、語学学習に終わりはありません。今後も飽かずたゆまず、粛々と学習を続けましょう!

 

ライティングに強いウザワ英語

2月 15th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

ウザワ英語に、新しい武器が加わりました!!

それは「ライティングに強い!」ということです。

先日、2016年度第3回英検の成績表を確認したところ、2級、準1級を受験した生徒たちは、ライティングの得点が、リーディング・リスニングより断然よかったです。

2級に合格した高1は、なんと満点!

準1級では、合格した生徒も、不合格だった生徒も、16点満点中15点・14点という高得点でした。

2020年から、新しくなる大学入試では、Reading・Listening・Writing・Speakingの4技能がすべて対象となるタイプのものになるとのことですので、ますますウザワ英語をやっている生徒さんは、有利になります。

新年度からは、小4以上の小学生にも、ライティングの指導を入れていく予定ですので、彼らが大学受験するころには、どんなものが書けるようになっているのか、今から楽しみです!

 

2016年度第3回英検結果

2月 8th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

2016年度第3回英検を受検した生徒さん全員から、報告がありました。

結果は、以下の通りです。

準1級(一次) 中2 1名 (当教室新記録!)

2級 (一次) 高1 1名

準2級(一次) 中2 1名

3級 (一次) 小5 2名、小6 1名、中1 1名

4級      小5 1名、小6 1名

5級      小4 2名、小5 1名

合格した皆さん、おめでとうございます!

二次試験が待っている生徒さんは、2月19日まで、しっかり対策をしましょう!

今回惜しくも不合格だった生徒さんは、2017年度第1回でリヴェンジしてください!

自分に何が足りなかったか、自分自身が一番よくわかっているはずです!

快挙達成!

2月 3rd, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

今日(2月3日)午後から、第3回英検一次試験の結果発表がネット上でありました。

続々と合格した生徒さんから、喜びのメールが入っています。

その中に、中学2年生のK君のお母さまから、準1級に合格したとの連絡をいただきました!!!

K君は、両親とも日本人で、帰国子女でもなく、地元の公立中学校に通っています。当教室には、小学5年生の4月に入会し、順調に力をつけてきました。去年の4月に新しく開設した「大学受験&英検準1級受検クラス」に、高校生に交じって参加し、そこでしっかりと通常の授業よりレヴェルの高い英語を学んでいます。このクラスを開設してまだ一年もたっていないのに、結果を出してくれて本当に嬉しいです。

2次まで、あと2週間しかありませんが、しっかり準備して、完全合格を勝ち取りましょう!!

合格おめでとう!

1月 26th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

高校入試の前哨戦、私立高校の入試が終わり、うれしい報告をいただきました。

土浦日本大学高等学校 スーパーハイクラス 学力I種特待 

常総学院高等学校   αコース 学業特待A    

と、受験した高校のどちらからも、特待生として合格した、とのことです!!!

本当に、おめでとうございます。親孝行な生徒です!

県立高校の入試まで、あと一か月ちょっと、体調管理に十分気を付けて、本命の高校の合格を勝ち取ってください!

 

 

「かけ流し」はランニングである!

1月 11th, 2017

こんにちは、ウザワ石岡教室代表の西村直美です。

1月9日、本部研究会に出席しました。

鵜沢先生から、刺激的なお話を聞けて、今年も一年頑張るぞ~!という気になりました!

今回の研究会で教えていただいたことは‘「かけ流し」はランニングである!’という名言です。

どんなスポーツも、基本中の基本はランニングです。野球、サッカーに限らず、ありとあらゆるスポーツをやっている人で、まずランニングをしないでそのほかの練習をする人はいません。

また、どんな名選手、ベテラン選手でも、必ずランニングをしてから他の練習をしているはずです。

ピッチャーだから、投球練習だけする選手、フォワードだから、シュートの練習だけする選手もいないはずです。

ウザワ式における「かけ流し」も同じです。

教室でやる、CD教材の「読み」「訳」「暗記」、「文法」、「英作文」などの活動は、個別の練習(投球練習やシュート練習)です。それらは、「かけ流し」というランニングにあたる部分がなければ、上達しないし、悪くすれば怪我をしてしまいます。

生徒のみなさん!英語の名選手になるために、毎日ランニング(かけ流し)を続けましょう!